マンション購入で自己資産を増やす

私の友達は、26歳の時にお母さんに・・とマンションを購入しました。友人が小さい時に両親が離婚し、女手一つで育てて来てくれたから恩返しと言っていました。若いのにしっかりしていて本当にすごいなあとしみじみ思ったのを覚えています。  マンションを購入する方は、結婚を決めた方や家族が増えるから等と自分一人でなく、家族で住むためという方が多いです。また、今では独身の方もマンションを購入する方が増えています。しかも女性の方も増えています。得に一人暮らしの女性は将来のことに不安を持ちます。そこで考えるのが自己資産を増やすのにどうするか考えます。一番に頭に浮かぶのは住まいです。 賃貸よりもマンション購入をする方が良いのではないかと考えます。賃貸で家賃を払い続けても自己資産にならないのなら、マンションを購入する方が得と考えます。購入して、将来そのマンションに住まなくなったら売却という方法もあるし、貸し出すという方法もあり、自己資産なのでいろんな収益活用ができます。賃貸なら、住まなくなったら家賃を払わなくて良くなるだけで、自分への収益は一切ありません。 ただ、女性の場合はローンを組むのが難しいという事があります。

2220

マンションを購入するなら

マンションを購入するなら、一番大事だと思うのは最寄の駅から徒歩5分以内のところを選ぶのが最適だと思います。一軒家の場合土地がついてくるので、さすがに駅から至近と言う物件は非常に見つけるのが難しいですし、当然お値段もお高いです。しかしマンションの利点とは、土地は付いていないけれど色々と便利であることなので、これが駅から凄く離れていたり、環境も悪いなどでしたら、まだ一軒家の広い間取りのほうが、どれほどお得かと思います。マンションには沢山のメリットがありますが、最も大きいと思うのは、中古でも新築でも、ファミリータイプのサイズで、駅に至近でしたら一番需要があるので、投資のつもりで買っておいて、それを賃貸で貸して、家賃収入で住宅ローンを支払うことなど出来ます。もちろん殆どの人は自分で住む為に購入することになりますが、その時は必ず信頼できる有名な建設会社が設計施工したマンションで、尚且つ今は耐震構造な建物かどうかをきちんとチェックすべきだと思います。その上で間取りや設備などは、すべてそのチェックに問題のないことを確認してから、間取りや設備は本当に二の次ではないかと思います。どんなに素敵な間取りや設備でも、建物自体に問題があったりしたら、少々集合住宅である以上修復するのは困難だからです。そして将来家族が増えることを想定して、ワンルームよりは2つ以上寝室があるほうが望ましいと思います。最近作られてるマンションには、昔では考えられなかった超都心で通勤に徒歩で通えると言ったタワーマンションなどが非常に人気で、このようなところはマンションの中にスポーツジムや託児所などを併設していたり、本当に至せり尽くせりで、各室に駐車スペースも確保だとか、中にはシャトルバスまで幾つかの駅まで走らせたりしていて、サービスは非常に多様化して行っております。このようなことはすべてマンションのメリットで、一軒家との大違いだと思います。ですからマンションは大多数の人たちの一生のうちに一度か二度しかしない大きな買い物なので、後悔のしない物件にしてほしいと思います。

Copyright ©All rights reserved.マンション購入で自己資産を増やす.